パンス・ラビリンス サウンドトラック

0
    JUGEMテーマ:音楽
     



    映画はレンタルで見ただけなのに、サントラは買った、相変わらずのアンバランス。
    ………の前に。ここではものっっそい、お久しぶりです。自律神経やらなんやらのブランクの後、またぞろ暴走対象が増えまして。加算式・需要無視オタクはタチ悪いです。

    パンズ・ラビリンスの映画本編は、ダーク・ファンタジー……って、鋼の錬金術師すらそれ扱いの宣伝みるから、定義がよく解らないんですが……流血系グロ耐性と、ハッピー・エンドだかバッド・エンドだか、解釈別れそうな作品でした。私はけっこう好きなんですが、夫はにがてだろうな、っていう。

    映画(…のレンタルですが…ネットのスポット・レンタルを初めて使って…それっきり。地元には置いてあるレンタル屋さんないけど、見たいのはけっこうあるんで悩み中…)見た頃から、音楽きれいだなぁ、と思って、他の機会と連動して、CD購入に至りました……って、その時点で新品邦訳ラベル、売ってなかったんで中古……

    音楽だけだと、透き通っていて、ものすごく落ち着いた印象で、落ち着いたBGM流しには最適、と思いました……あ、あくまでも、主観だからね?

    テーマ曲も良く聴いていれば凄くきれいだし、流しっぱなしでも(無駄なハイテンションを求めないときは)邪魔にならずに落ち着ける、買って良かった!と思えるCDでした。

    ……映画はなぁ……大本がリアル世界の戦争と、それについて行けない運命に翻弄された女の子、って感じなので……海外でもスペインの作品なんで……うん………ちょっとぼかしたくなっちゃう……

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック