梅−東風吹かば……

0
    26日 岩津天満宮・梅園にて
    岩津天満宮梅園・11-2-26

    この日は快晴。梅は七分咲き。桃色、白色、紅色。下手な写真はともかく、綺麗に咲いていました。
    枝垂れ風味(?…品種が違うのか、単に個体差なのか無知なんで知らない)は未だつぼみだったのがちょっと残念。
    紅色の濃いのは、背後の山の濃緑との対比がさらに綺麗に見えました。
    岩津天満宮梅園・11-2-26 紅と緑

    綺麗で行きやすい梅園なんですが、案外、人出はそこそこ程度で突発的に真っ昼間にふら〜っと行っても、そこそこ程度の人出でゆっくり見られるのも昔のままで良い感じです。(……そーいや、花見って桜ばっかで、梅の花見ってあんまり聞かない……かな? 何か理由があるのかしらん)


    あ〜。ちゃんと岩津天満宮の天神様にもお参りしてきましたよ。そこの看板で初めて、今年が後厄だと知る! 去年が本厄か……。

    で。今まで、ありそうなのに伊勢神宮でも豊川稲荷でも遭遇しなかった病気快癒・健康のお守りも頂いてくる。
    天神様(菅原道真公)は学問の神様、ってとこはスルーで。
    (でも季節ですね。お守りのなかに「受験必勝セット」ってのがあったのはかなり笑ってしまった……風情が……)




    この岩津天満宮。今の住居からも、実家からも、車で30分前後のかなり近い場所で、中学頃まではよく親に連れられて行っていて、記憶ではかけずり回ってたような。

    東風こち吹かば 匂ひよこせよ梅の花 主無きとて春を忘れそ』

    の歌が凄くお気に入りで、小学生の頭頃にはすんなり覚えた場所でもある。

    ……んですが。実は、梅以外の風景やら場所やら、全然覚えてなかった! んで、前日に唐突に「あの梅がみたい」と実家の父にメール送って、場所教えて貰いつつ、バカにされまくったっていふ……いや、検索かけたって「天神 愛知 梅 道真」あたりのキーワードじゃ、あの短歌も当然セットだから県内中の天神様が引っかかるし!

    今の家や実家から真っ直ぐ行けば30分強、母の実家からはさらに近い、ほんの小さな小山でした。……小さな山なのに降りた頃には、事前予想以上にバテバテなのは情けなさ過ぎ。


    今年は本宮が改装中だったし、本来、お守りは一年毎にお返しして新しく頂くものでもあるし、梅も良いし、来年もタイミングがあえば行きたいな、と。





    JUGEMテーマ:地域/ローカル



    コメント
     梅の花見があまり一般的でないのは、まずは寒いからでしょう。飲み食いするのにはちょっとね。それから、梅ってけっこう長期間咲いてるから、イベント性に乏しいってこともあるのかと思います。
     我が家の梅林も、ぼちぼち花をつけはじめてます。けど、まだ剪定が終わってない。花のついた枝を切るのは罪悪感あるんだけどねえ。
     なお、梅の花の期間は長いので、けっこう桜と梅の両方が見られる時期もあったりします(このへんでは)。
     なんて言ってても、花見みたいなことはしないで終わってしまうんですけどね。
    • 斎藤肇
    • 2011/03/01 8:56 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック