中途半端な近場ほど落としやすい

0
    遠方在住の友人からメール。「今、豊川稲荷(神社)でこれから伊勢神宮、初詣ツアーです」(思いっきり要約・豊川稲荷の写真付き)。

    この二箇所、地元のヘボヘボだが近隣唯一の私営公共交通機関・名古屋鉄道と自分の居住地の関係からすると【豊川稲荷→自宅最寄り駅→熱田神宮】(たぶん端から端まで、電車内で通過するだけなら1〜2時間)。従って、この組み合わせのハシゴは全く発想になかったので新鮮だった。
    (その友人は、自分の居住地を知っている。で、現実、二度目のメールでは我が家とはニアミスな隣市を通る高速道路を通ったことを教えてくれた)

    が、それ以上に、届いた写真で気付く────自分、豊川稲荷、言ったことがないかも。────写真の風景がインパクトのあるもののわりに、見覚えが無い。

    家から行こうと思えば徒歩含めて電車で1時間弱で行ける場所のハズ。伊勢神宮には(出来たて赤福目当てに)よく行くが、もっと近場のはずの場所に行ったこと無い、ってぇのは……うん、どーよ…………

    近場・足下ほど見落としやすいらしい、という実例を実感した、という話。

    コメント
    しばらくほったらかしで申し訳ありませんでした。
    面白いお話、ありがとうございますv やっぱり一度はいかなきゃ。

    >お礼参りで〜
    通常のお守りの習慣を踏襲した感じですかね?(本来、お守りも一年期限で神社に供養(返して焼いて貰う)し、新しいものを……というのが正式)……マジメにお返し・供養した記憶のあるお守り、皆無ですが(汗)

    やっぱり文化史にはフィールド・ワーク必須……(神様本体はどーした、りゅーま……)
    豊川稲荷の写真の場所には狐がいる岩があるんだけど、そこに隠されている小銭を見つけると金運が一年良いんだって。
    そして、その翌年にはお礼まいりでその岩に小銭を隠すのが習わしらしいよ。
    私は来年お礼まいりにこれなさそうだから、探すのは辞めといたよ(笑)
    これは、その場で小銭を探していた人の情報。。。
    • sunred
    • 2009/01/17 12:03 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    何気なくネット見ていたら伊勢神宮の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考...
    • 伊勢神宮
    • 2009/01/12 9:24 AM